2008年09月08日

脈が減少する不整脈

脈が減少するタイプの不整脈を「徐脈性不整脈(じょみゃくせいふせいみゃく)」といいます。正常の脈拍は、安静時で一分間に50〜100程度とされています。この脈が何らかの原因で減少するのが、徐脈性不整脈です。

徐脈性不整脈の中には、房室ブロックと洞房ブロックというタイプがあります。

房室ブロックは、心臓の心房から心室への通り道に障害が生じるものです。
その症状は、1度〜3度の段階に分類されています。
1度の場合、症状はほとんど見られない状態です。自覚症状がないため、検査で発見されることが多いようです。
2度の場合、動機を感じます。場合によっては、数秒以上、心臓が止まるようなことが起こります。アダムス・ストロークス症候群を引き起こすこともあります。
3度の場合、心拍数が40〜30までに減少してしまいます。徐脈や心停止を起こしやすい状態になります。2度で起こる、あだむす・ストロークス症候群の発作を起こす人の半数は、この状態にあるとされています。

この障害からみられる病気としては、心筋炎、心筋梗塞、特発性心筋症などが挙げられます。

また房室ブロックと同じく、刺激の伝達が心臓の中でうまくいかなくなった状態が原因で起こる徐脈性不整脈の種類は、洞不全症候群や脚ブロック(きゃくぶろっく)もあります。

自分の脈拍については、病気を抱えている人以外はあまり関心がないことかもしれません。しかし、自分の脈拍を把握することで、体の異常が発見できるかもしれないことを、覚えておくといいでしょう。
posted by fuseimyaku at 16:45| 種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不整脈の種類

不整脈にはいくつか種類があります。

1.多源性心室性期外収縮(たげんせいしんしつせいきがいしゅうしゅく)
2.先天性心疾患(せんてんせいしんしっかん)
3.甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)
4.高血圧
5.洞性不整脈(どうせいふせいみゃく)(=「呼吸性不整脈」)
6.洞性徐脈(どうせいじょみゃく)
7.期外収縮(きがいしゅうしゅく)

1〜4については、精密検査や治療が必要になるものです。心疾患だけが原因でないことがわかるのですが、不整脈があった場合、1〜4の病気の可能性も疑うことが必要になります。
一方5〜6については、特に心配のないものとされています。
5については、息を吸うときに心拍数が増え、吐く時に、減るというもので、学校の検診で子供にみられることが多いものです。心拍数の増減があまり激しい場合は、運動を制限されることもあるようです。
6についても、非常の多くみられる良性の不整脈です。この場合は、運動することで自然に消えてしまいます。場合によっては検査が必要になることがあるようです。

どの種類の不整脈においても、見つかった時点で早めに検査をすることが大切です。良性のものでも、中には病的要因を持っている場合もあるので、必ずきちんとした検査を受けるようにしましょう。
posted by fuseimyaku at 16:41| 種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。